REACH分析依頼前に高懸念物質の対象を確認

REACH分析の高懸念物質対象を事前に3つのポイントをチェック

REACH分析依頼前に高懸念物質の対象を確認

テクノロジー

CRM物質

基本的に発がん性物質が一定程度以上であれば、高懸念物質対象となります。REACH分析でしっかりと調査することができるでしょう。変異原性や生殖毒性物質などを調べることが可能です。

PBT物質

毒性を有している物質の中でも、残留性や蓄積性を持っているタイプはPBT物質と呼ばれています。残留性があるため、しっかりと分析する必要があるでしょう。高懸念物質の対象となります。

vPvB物質

残留性や蓄積性の高さには程度があります。一般的に極めて残留性や蓄積性が高い有害物質はvPvB物質と呼ばれるのです。とても危険な物質のため、徹底的な分析調査が必要でしょう。

分析や調査を利用したい人は目を通しておこう

作業員

土壌汚染調査を依頼!専門業者の特徴を把握する

優秀な土壌汚染調査業者について調べておくことが大切です。きちんと調査してもらうためにも、安心して利用できる業者に依頼しましょう。

READ MORE
テクノロジー

REACH分析依頼前に高懸念物質の対象を確認

高懸念物質にはいくつかの種類があります。基本的にREACH分析で分析することができるでしょう。まずは、物質の種類を把握しておくことが大切です。

READ MORE
工事現場

土壌汚染調査に関する知識を身に付ける!土壌汚染を学ぶ

土壌汚染に関する知識を持っておくと、何かと便利です。また、知識を持っていれば、土壌汚染調査の大切さが分かるようになります。

READ MORE
女の人

REACH分析の一般的な分析方法を覚える!

REACH分析の基本について知りたい人必見のページです。どのような分析方法を用いるのか、事前にチェックしておきましょう。

READ MORE