土壌汚染調査を依頼!専門業者の特徴を把握する

業者の特徴と選び方!土壌汚染調査で検出される有害物質

有害物質に関する知識

基本的な知識を身に付けておくことがとても重要です。どのような有害物質が土壌を汚染しているのか確認しておきましょう。有害物質に対する知識が増えると、危機感も増すのです。

土壌汚染する有害物質ランキング

no.1

クロロエチレン

ポリ塩化ビニルなどの原料として知られているクロロエチレンは、土壌汚染を引き起こす有害物質です。クロロエチレンは様々な分野で使用されているので、広い範囲で検出されることが多いとされています。

no.2

ベンゼン

ベンゼンという名前を聞いたことのある人は比較的多いと言えるでしょう。土壌汚染調査で検出される有害物質としても有名です。常温になると独特の臭いを放ちます。発がん性のある有害物質なので、危険度が高いのです。

no.3

カドミウム

亜鉛の鉱石などに含まれていることが多いカドミウムも、土壌汚染を引き起こします。土壌のみならず、大気中にも飛散するタイプの有害物質です。カドミウム化合物も含めると、有害物質としては多い種類でしょう。

no.4

水銀

土壌汚染調査で検出されることの多い有害物質の中には水銀も含まれています。常温だと液体ですが、揮発し硫黄と結合することもあるのです。人体にも大きな被害を及ぼすため、注意が必要な有害物質でしょう。

no.5

セレン

赤褐色、または案灰色の個体がセレンです。着色剤や太陽電池などとして使用されています。この有害物質も土壌汚染を引き起こす恐れがあるのです。セレンは様々な地域で土壌を汚染しています。

土壌汚染調査を依頼!専門業者の特徴を把握する

作業員

高い技術力

優秀な専門業者の特徴として挙げられるのが、高い技術力です。そのため、確実に土壌に潜む有害物質を検出することができます。また、最新機器を用いて土壌汚染調査をするので安心できるでしょう。

規律を守る

しっかりと規律を守ることによって、性格で迅速な土壌汚染調査を行なうことができます。調査を依頼してから結果を出すまでの時間を短くすることができるでしょう。滞りなく調査を進めてくれます。

実績が豊富

多くの実績を残している業者は、とても信頼することができます。経験も豊富なので、失敗することはほとんどないでしょう。これまでのノウハウを生かして、どのような現場もしっかりとした調査を実施します。

柔軟に対応

どんな現場でも柔軟に対応するため、高いパフォーマンスを発揮することができます。現場の状況が変化したとしても、問題なく対応することがで可能です。どのような環境でも土壌汚染調査をしてくれるでしょう。

分析や調査を利用したい人は目を通しておこう

作業員

土壌汚染調査を依頼!専門業者の特徴を把握する

優秀な土壌汚染調査業者について調べておくことが大切です。きちんと調査してもらうためにも、安心して利用できる業者に依頼しましょう。

READ MORE
テクノロジー

REACH分析依頼前に高懸念物質の対象を確認

高懸念物質にはいくつかの種類があります。基本的にREACH分析で分析することができるでしょう。まずは、物質の種類を把握しておくことが大切です。

READ MORE
工事現場

土壌汚染調査に関する知識を身に付ける!土壌汚染を学ぶ

土壌汚染に関する知識を持っておくと、何かと便利です。また、知識を持っていれば、土壌汚染調査の大切さが分かるようになります。

READ MORE
女の人

REACH分析の一般的な分析方法を覚える!

REACH分析の基本について知りたい人必見のページです。どのような分析方法を用いるのか、事前にチェックしておきましょう。

READ MORE